なぜ音楽活動でお金を稼ぐのは難しいのか

もし、あなたが音楽活動をすでにされているのであれば「音楽活動でお金を稼ぐの超ムズイ…」と思っているでしょう。僕も高校生の時、丸々1年間同じライブバーでブッキングライブに出続けたことがありますが、ファンになってくれたのは実の母親だけでした。

なぜ音楽活動は難しいのか。ノルマがあるから?ジャンルが一般受けしないから?もっと根本的な原因があります。

このブログでは、音楽活動でお金を稼ぐ難しさと、難しいものに対する対策をご紹介していきます。

音楽活動はファンを集めないと意味がない

音楽活動でお金を稼ぐ、音楽だけで食べていく難しさは、ファンの人を集めないといけない点です。

音楽活動と一言にしても、スタイルは様々あります。ソロシンガーとしてステージに上がるのか、アコースティックギター片手にオリジナル曲を披露するシンガーソングライター、バンドメンバーで演奏、サクソフォン、DJ、、、、どのスタイルも音楽活動の一種と言えるでしょう。

ただ、どのスタイルも共通していることが「あなたのことが好きなファンに価値(音楽)を提供する」です。

あなたのことが好きなファンの人にライブを披露したりアルバムを聞いてもらって、その対価としてお金をもらうことができます。

あなたのことが好きなファンを集めることができれば定期的にライブを開催するだけでも収入を得ることはできるでしょう。

が、言い換えるととファンの人を集めることが出来なければ全くお金を稼ぐことはできない。ということです。ここが音楽活動の最も難しいところと言えるでしょう。

音楽活動とはエゴそのものである

あなたのファンを増やすためには、「あなたの歌」を聞いてもらう頻度を高める必要があります。

そのために多くのシンガーはYouTubeに動画を投稿したり、showroomなどのライブアプリで定期的に弾き語りライブ配信をしたり、路上ライブに出てサラリーマンに舌打ちさながらも一生懸命に歌います。

ですが、そんな活動をしたからといってファンの人がすぐに増えるものでもありません。というのも誰もあなたの歌に興味はないんです。

興味がない歌に時間を割くぐらいなら、YouTubeを開いて自分の好きなアーティストのMVを見たり、好きなYouTuberの動画を見たほうが何千倍もマシでしょう。

きっとあなたは「いや、俺の音楽は最高だ!」と思っているかもしれませんが、そんなの皆思っています。みんなそんなことを思いながら路上ライブに出向き、誰も立ち止まってくれない中歌い続けているんです。

音楽活動はエゴそのものです。「俺の最高の歌を聞いてくれよ!」というエゴイスティックな活動なので難しいんです。

音楽活動をすることは起業をすることと同じ

僕は音楽活動をしている、もしくはこれから音楽活動をしていきたい同期、後輩に対して「音楽活動って個人でビジネスを立ち上げるのと同じことなんだよ」とよく言います。

自分の歌をたくさんの人に聴いてもらうためには、お客さんを集める方法(集客)を考えたり、毎日コツコツと努力していく必要があります。

趣味で音楽活動をするのであればここまで考える必要はありませんが、ただ音楽で飯を食っていこうと考えるのであれば、それは起業と全く同じことです。

それ相応の時間と労力を投下しないといけません。また時間と労力を投下したとしても必ず成功するとも限りません。

あなたの好きなことで生きていける

音楽活動で食べていくことはかなりハードルが高いものです。だから多くの歌手やギターリストは、音楽を人に教える講師業を副業にします。なんなら今の僕もそうです。講師業の方が需要は圧倒的に高いですからね。

ですが、精一杯努力をし続けた結果、ライブ会場にファンを10人、20人、30人と集めることができるようになると、あなたは好きな音楽を続けていくだけで生きていくことができるようになります。

あなたの好きな音楽を、あなたの音楽が好きな人に披露して生きていくことができる。中にはあなたの歌を聞いて泣いてくれる人がいたり「あの時、あなたの歌を聞いて生きようと思えました」なんて言われる日もあるでしょう。これほど最高なことってないですよね。

とにもかくにもファンを集めよう

音楽活動は難しいものです。が、戦略を練ることで難しい中でも、もがいていくことはできます。

その戦略の一つが「とにかくファンを集める」です。心に響くオリジナル曲を作ることや、歌唱力を高めるためのボイトレも大事ですが、それよりも大切なことはファンを集めることです。ファンを集めるための活動を今日から始めましょう。

一昔前なら有名アーティストのカバー動画をYouTubeにアップしていればいいのですが、最近はあまりうま味がありません。

おすすめはインスタライブやライブ配信アプリで定期的にライブ配信をし、濃ゆい支援者を作っていく。そこからクラウドファンディングなどでオリジナルMVを作成してYouTubeに公開&広告で配信。をするなども一つの戦略として考えられるでしょう。

とにかく音楽活動をしていくのであれば何よりもすべきことはファンを集めることです。そのための活動を今この瞬間から行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です