【3つのやり方】手っ取り早く腹式呼吸を習得しよう!

 

こんにちは、稲富翔です。この記事を開いているということは、腹式呼吸ができるようになりたい!とあなたは思っているんじゃないでしょうか?(名推理)

この記事では3つのやり方から腹式呼吸を習得する方法をテキスト情報と動画情報からお届けしていきます。

腹式呼吸は感覚的なものです。人によって「お腹を膨らませるイメージで呼吸をしましょう」や「背中で呼吸をするようにしましょう」など教え方が異なります。

もちろん僕自身も腹式呼吸は感覚で行っています。なのでテキストだけじゃなく動画も一緒に視聴し、手っ取り早く腹式呼吸の感覚を掴んでください!

腹式呼吸に関する基礎知識など

ここでは腹式呼吸に関する基礎知識を解説しています。

腹式呼吸を習得することで得られる3つのメリットや、腹式呼吸と胸式呼吸の違いなど。

「今すぐ腹式呼吸を習得したい!」という方は飛ばしてもらっても構いません。

じっくりと腹式呼吸の勉強をしたい。そんな方のためのセクションです。

はじめに

YouTube版です

※モチベーションアップの動画なため飛ばして問題ありません。

腹式呼吸の習得で得られる3つのメリット

YouTube版です

あなたが腹式呼吸を習得することで得られるメリットは3つあります

  1. 歌がパワフルになる(マイク乗りが良くなる)
  2. 喉が枯れにくくなるor疲れなくなる
  3. 健康に良い(笑)

それぞれ詳しく解説をしていきます。

①歌がパワフルになる(マイク乗りが良くなる)

歌や声は息の成分の上に声が乗っかって出ています。

まあ厳密にいうと若干違っていて、声と言うのは息(呼気)からスタートして、その後に声帯振動が起き、声の元が作られ、3つの共鳴腔(喉、口、鼻)で声の元が響き、声が生成されます。

歌声は息が最初です。ブレスファースト。いくら声帯でビリビリ鳴らせても、いくら共鳴腔をバリバリ鳴らせても、最初のブレスが弱ければ歌声も弱いものになってしまいます。

腹式呼吸ができるようになるとブレスが力強くなり、相対的に歌声も力強くなります。

②喉が枯れにくくなるor疲れなくなる

なぜ腹式呼吸ができるようになると喉が枯れにくくなるのかを厳密に書くと、とても長い文章になってしまうので簡単に伝えますね。

簡単に伝えると、腹式呼吸ができずに浅い呼吸しか出来ない人は、呼気自体も浅くなってしまい声にパワーを乗せることができません。

そのため呼気以外の要因を借りて歌にパワーを乗っけようと頑張ります。

「喉にグッと力を入れて歌う」「背中や腰の力を借りて声をだす」など歌とは全く関係ない場所の力を借りて歌うため、疲れやすくなります。

また正しくない発声状態では喉にも負担がかかるため、すぐに喉を潰してしまいます。

実際に僕のレッスンに通っている生徒さんで歌声はロックのようでカッコいいんですが、1曲歌うだけで喉が枯れてしまう方がいます。

「調子が悪いときは1フレーズだけで喉が痛くなるのでカラオケとかあまり楽しめないんですよね…」とよく言っていました。

その方は腹式呼吸ができず胸式呼吸で歌っていたためブレスにパワーがなく、喉周りの筋肉や肩などの力を借りて発声をしていました。

ですがその生徒さんも腹式呼吸の練習を続けていく中で少しずつ枯れにくくなっていきました。

あなたも腹式呼吸を習得して枯れにくく疲れにくい喉を手に入れてください!

③健康に良い(笑)

最後のメリットは健康です(笑)

腹式呼吸は歌だけじゃなく、ヨガや瞑想、はたまたメンタルクリニックなどでも使われるものです。

腹式呼吸をすることで深呼吸ができます。日常生活の呼吸が深くなることでメンタルの安定や血行が良くなるなど健康メリットが多々あります。

腹式呼吸を習得して歌を上達するだけじゃなく健康も良くしていきましょう!

胸式呼吸と腹式呼吸の違い

YouTube版です

あなたは腹式呼吸と胸式呼吸の違いを理解していますか?

2つの呼吸の違いは呼吸量にあります。下の図形はイメージです。

胸式呼吸は短く早く呼吸を取り込む呼吸です。学生時代の長距離走を思い出してください。ゴールテープを切った後、「すーはー!すーはー!」と大きく肩を動かしながら呼吸をしませんでしたか?

胸式呼吸は素早く酸素を取り入れるため呼吸量が少なくなります。

一方腹式呼吸はたくさんの酸素をゆっくりと取り入れる呼吸法です。もちろん訓練をすれば早く吸うこともできます。

寝ている時は自然と腹式呼吸になり、たくさんの酸素をゆっくりと取り入れ1日の疲れを癒しているのです。

ただ勘違いしてもらいたくないこととして「腹式呼吸だから偉い」「胸式呼吸だからダメ」と考えるのはよろしくありません。

あくまで腹式呼吸は沢山の酸素を吸うための手段です。歌唱に関してはどっちの呼吸法でも問題ありません。

腹式呼吸を習得する3つのエクササイズ

YouTube版です

それでは早速本題に入っていきましょう。この3つの方法を実践して腹式呼吸を習得してください!

  1. 鼻から深呼吸をする
  2. 貯水タンクをイメージする
  3. 姿勢を変えて呼吸をする

それぞれ詳しく解説をします。またテキストだけじゃなく動画を見ることで細かな実践方法を知ることができるので動画も参考にしてくださいね。

①鼻から深呼吸をする

YouTube版です

1つ目のやり方は「鼻から深呼吸をする」です。

僕たち人の構造として鼻から深呼吸をすると勝手に腹式呼吸になる場合があります。

これは個人差によって、すぐ腹式ができる人、まったく出来ない人とかなり差がある方法ですが、1番手っ取り早い方法になります。

森林浴をイメージしてみてください。川のせせらぎや森の空気、土の匂いなどをイメージした後、マイナスイオンを鼻から思いっきり吸ってみてください。

出来る方は肩とお腹に手を当てて鼻から深呼吸をしてみましょう。

腹式呼吸ができていれば、肩が上がらずお腹が前に突き出ます。上手くできてない場合は逆に肩だけが上がってしまいます。

一番手っ取り早い方法なので是非試してみてください。

【実践方法】鼻から深呼吸をする
  1. 森林浴に来たイメージをする
  2. 肩とお腹に手を当てる
  3. 鼻から思いっきりマイナスイオンを吸い込む
  4. 肩が動かずお腹だけが動いていれば腹式ができています。

②貯水タンクをイメージす

YouTube版です

2つ目の方法は「貯水タンクをイメージする」です。

すこし難しくなりますが実践してみましょう。この方法は動画を見たほうが分かり易いです。

【実践方法】貯水タンクをイメージする
  1. 腰に貯水タンクがあるイメージをする
  2. 貯水タンクから水が下に落ちることをイメージする
  3. そうすると重心が下に下がる
  4. 貯水タンクに呼吸を入れ込むイメージで呼吸をする
  5. 肩が動かずお腹や腰だけが動けば腹式ができている

③姿勢をかえて呼吸をする

YouTube版です

3つ目のやり方は「姿勢を変えて呼吸をする」です。

姿勢を変えることで腹式呼吸のやりやすさは変わります。1番やりやすいのは仰向けに寝っ転がった状態での呼吸です。

人は寝ている時、自然に腹式呼吸ができています。なのでまずは寝っ転がった状態で腹式呼吸をやってみましょう。

それでも難しい場合は椅子に座った状態でやってみましょう。その際、座り方は下記の画像のようにしてみましょう。※腰を痛めている方、腰痛持ちの方は注意してください。

腰を反らせたり、腰を丸めたりせず、なるべく直線に(絶対に直線にしないとダメ!と思うと緊張します)

また深く腰掛けると体制キープが難しくなるので、椅子やソファーに座る際は浅く腰掛けることを意識してください。

呼吸をするさい、お腹ではなく腰に呼吸を入れるイメージをすると腹式呼吸はやりやすいです。

寝っ転がった状態、座った状態で腹式ができるようになったら立った状態で腹式呼吸をできるようになりましょう!

【実践方法】姿勢を変えて呼吸をする
  1. 仰向けで寝っ転がった状態で腹式呼吸をしてみる
  2. 座った状態で腹式呼吸をしてみる
  3. どっちもできたら立った状態で腹式呼吸をしてみる

腹式呼吸は習慣です

YouTube版です

3つの方法を試して腹式呼吸ができるようになったとしても、習慣的にできるようにならないと意味がありません。

今日できたとしても明日、明後日と腹式呼吸ができないと習得したことにはなりません。

習慣化させるためにも日常生活の中で意識的に腹式呼吸をやってみてください。

  • バス停でバスを待っているとき
  • エレベーターに1人でいるとき
  • 朝起きてボーっとスマホを触っているとき
  • ダラダラとTVやYouTubeを見ているとき

どれだけ忙しい方でも5分の隙間時間はあると思います。その隙間時間で腹式呼吸を意識してやってみましょう。

大丈夫、大きな音を出して呼吸をしない限り周りの人は気づきません。皆スマホに夢中です。

日常生活の小さな隙間で腹式呼吸を続けていくと習慣になります。習慣になってようやく習得になります。

ぜひ習慣化を目指してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です