地声(チェストボイス)を鍛えるべき人5選

 

こんにちは、稲富翔です。

今回は「チェストボイスを鍛えるべき人」を5選ピックアップしてご紹介していきます。あなたがこの5つのどれかに当てはまっているのであれば、鍛えれば鍛えるほど歌は上達していきます!是非確認していきましょう!

こんな人はチェストボイスを鍛えるべき!

今回ピックアップした人は以下の通りです。

  1. 地声を太くしたいと思っている人
  2. 声をカッコよくしたい人
  3. 歌っていてすぐに声が枯れる人
  4. 高音がキンキンする人
  5. とにかく基礎トレを学びたい人

それぞれ詳しく解説していきます!

①地声を太くしたいと思っている人

まず1人目は『地声を太くしたい人』です。これは地声だけではなく歌声全体を太くしたい人も含まれています。

まあ今回のコースは「90日間で地声を太くしよう!」なので当たり前っちゃ当たり前ですよね(笑)

男性の方は中々理解できないことですが、女性で「地声が出せない」「地声で歌えない」そんな方は実際にいます。

なぜ合唱やコーラスの人は地声が出せないのか

合唱やコーラスに所属すると、非常に弱いファルセットで歌う習慣が身についてしまいます。

合唱などの大人数で歌う場合は、美しいハーモニーや低音パートをアルトや男性陣に支えられるため、弱く歌っていても問題はないでしょう。

ただ合唱ではなくソロで歌う、カラオケで一人で歌う場合は、弱弱しい声が顕著になります。

「地声が出せるようになりたいです!」とレッスンに来られる生徒さんもいらっしゃるぐらい彼女たちにとって地声が出せないことは深刻な悩みとなっています。

コツコツとボイトレをすれば太くなる!

ですが今現在地声が出せない女性の方でも、地声がひょろひょろと頼りない方でもコツコツとボイトレを継続していけば必ず地声は太くなっていきます。

今よりも太く力強い地声を出すことは必ずできるようになります。

②声をカッコよくしたい人

2人目は『声をカッコよくしたい人』です。地声が太くなると声はカッコいいものになります。

どうしても地声を鍛える=オペラのような声になる。みたいなイメージがありますが、そんなことはありません。

ポップスにあった歌い方やロックにあった歌い方にそのまま太い地声を応用することができます。

地声が安定すると曲全体が安定する

曲の約80%から90%は地声で構成さえています。その地声を安定的にかっこよく出すことができれば、曲全体が安定します。

もし仮に優しく歌ったとしても、安定感や太さは残ります。

日本人だと玉置浩二さんが参考になります。やさしく歌っているけど安定感や太さが残っているのを確認してください。

③歌っていてすぐに声が枯れる人

3人目は『すぐに声が枯れる人』です。すぐに声が枯れる人も是非チェストボイスを鍛えていきましょう!

というのも声が枯れる原因は正しい発声ができていないからです。

勘違いしてもらいたくないのは、正しい発声=カッコいい声。とはならないということ。

あくまで正しい発声=声が枯れにくいでしかありません。

カッコいい声でもすぐ枯れれば台無し

例えあなたの声がカッコイイ声であっても1,2曲歌っただけで枯れるのなら非常に勿体ないことです。

音楽の専門学校にいたとき同期でワンオクロックをメチャクチャカッコよく歌う女の子がいました。

メチャクチャカッコよく歌うのですが、1曲歌い終わった後は喉がすぐガラガラになっていました。

彼女のように声が枯れやすい人は地声が鍛えられてない場合が多く、その分無理な発声をしてカバーする。無理な発声をしているからすぐに声が枯れる。

ですが、彼女のように声が枯れやすい人も地声を鍛えていくことで、正しい発声のフォームが身に付き声が枯れにくくなっていきます!

④高音がキンキンする人

4人目は『高音がキンキンする人』です。高い声は出るけどキンキンとした声しか出せない人ですね。

こういったケースの人も地声を鍛えていくことで改善することができます。

声は不思議なもので、高い声を出していても低い声の成分は含まれています。専門用語で倍音(ばいおん)とも言われます。

倍音とは

音の高さは周波数によって決まります。 ところが音には,基本となる周波数の他に, その2倍,3倍,…と整数倍の周波数の振動がいくつも生じています (このことは,オームによって発見されました)。

この,整数倍の振動のことを倍振動といい, そのそれぞれの音のことを倍音いいます。
同じ高さの音でも,楽器やものの材質によって音色が異なるのは, それぞれ倍音の含まれ方が異なるからです。引用元

地声を鍛えると高音は太くなる

倍音から考えると、高音がキンキンしている人は、高い声の成分が異常に強く、逆に低域の成分は弱くなっています。

言い換えると低域の成分を乗せることができれば高音は太くなります。

地声をしっかり鍛えることで今までの高い声に厚みをもたらすことができ太くカッコイイ高音を出すことが出来るようになります。

⑤とにかく基礎トレを学びたい人

最後は『とにかく基礎トレを学びたい人』です。チェストボイスは大切な基礎要素の一つです。

もちろん他にも基礎トレーニングは沢山あるのですが、曲の80%~90%を地声(チェストボイス)で占めているので何より率先して鍛えるべきだと僕は考えています。

今よりも歌を上達したい、とにかく基礎トレを学びたい、ボイトレを真剣に受けてみたい。そんな人はこのコースからチェストボイスをガンガン鍛えていってください!

まとめ

今回ご紹介した地声を鍛えるべき人5選は

  1. 地声を太くしたいと思っている人
  2. 声をカッコよくしたい人
  3. 歌っていてすぐに声が枯れる人
  4. 高音がキンキンする人
  5. とにかく基礎トレを学びたい人

以上のとおりです。あなたは当てはまりましたか?当てはまった人も当てはまらなかった人も最後までコースを学び、一つ一つ学んだことを実践して地声を今よりも太くカッコイイものにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です