チェストボイストレーニング③Guトレーニング

 

こんにちは、稲富翔です。

今回はチェストボイストレーニング第3弾として『Guトレーニング』を解説していきます。

チェストボイスを力強く発声するためには、TA(甲状披裂筋)の扱い方に慣れる必要があります。Guトレーニングは僕が思う最高のTAトレーニングなので、是非試してみてください!

Guトレーニング実践

文章で見てもらうよりも実践の音声を聞いてもらったほうが理解しやすいと思うので、まずは下の音声を再生してください。

Guトレーニング※音が出ます

 

これがGuトレーニングです。感覚的な話になりますが、「グ」を圧縮して出すイメージをすると上記のような発声になります。

このトレーニングをすることで声を圧縮して出す方法が身に付き、力強くインパクトのある地声発声ができるようになります。

Guトレーニング注意点

Guトレーニングをするときの注意点は音程が上がるにつれて「喉を閉めない」「音を軽くしない」です。

音程が上がるにつれて喉が閉まるVer※音がでます。

 

音程が上がるにつれて音が軽くなるVer※音がでます。

 

喉が閉まることはどの発声でもNGですが、高くなるにつれて発声を軽くするのは正しいことです。ただ、今回はチェストボイスを鍛えるトレーニングなので発声を軽くすると意味がありません。

歌や他の発声の時は問題ありませんが、チェストボイストレーニングをする際はなるべく音の圧力は一定にしましょう。

声を圧縮できない人は吹き矢をやろう

Guトレーニングをやってみたけど「声が圧縮できない」「なんか違う感じがする」と思う方は吹き矢をやってみましょう。

吹き矢実践※音が出ます。

 

片方の手をグーの形にし、すこし中に空洞を作ります。その手を口に当て「遠くに矢を飛ばすイメージ」で息を吹きましょう。

そうすると先ほどのように圧縮した息が出せます。吹き矢の状態を意識したままGuトレーニングをすると発声がしやすくなります。

3トーンスケールがおすすめ

Guトレーニングをする際は3トーンスケールがおすすめです。単音や5トーンでもできなくはないですが、今まで生徒さんにレッスンをしてきて3トーンが一番やりやすそうでした。

もちろん3トーンスケールを弾けない方は単音でトレーニングをしていただいても構いません。あなたがやりやすいスケールを活用してトレーニングをやってみましょう!

力強い発声は圧縮がカギ

今回はチェストボイストレーニング第3弾としてGuトレーニングを解説しました。力強い地声、チェストボイスを発声するためにも息を圧縮して出すことは大切です。

最初のうちは上手くコツが掴めないと思いますが、毎日コツコツとやっていくと「あれ?なんかできたかも」とある日突然できる日が必ず来ます。

ぜひ諦めず継続をしてくださいね!他のチェストボイストレーニングと並行して行うとより成長できるので、他のトレーニングも是非参考にしてくください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です