チェストボイストレーニング④Maトレーニング

 

こんにちは、稲富翔です。

前回は声を圧縮して出すGuトレーニングを解説しました。今回はチェストボイストレーニング第4弾として『Maトレーニング』を解説していきます!

今回ご紹介するトレーニングは共鳴腔で最も大切な咽頭腔を広げる、いわゆる喉を広げるトレーニングです。

カッコいい地声を発声するためにも必ずマスターしておきましょう!

Maトレーニング実践

Maトレーニングは名前の通り「ま」と発声するトレーニングです。やり方はアクビをした後にアクビの喉をキープしたまま発声をする。というものです。

文章だけみると何が何だか分からないので、実践の音声を確認してください。

Maトレーニング実践※音が出ます。ピッチ悪め

 

まずはアクビをして、喉を広げます(咽頭腔)その広がりをキープしたまま「ま」で発声をすると上記のような声を出すことができます。イメージはオペラ歌手のような声です。

Maトレーニングの注意点

Maトレーニングをする際はアクビの喉を必ずキープしてください。音程が上がるにつれて喉を閉じたくなってきます。そこをグッとこらえて喉はキープしたままにしましょう。

アクビの喉がキープできない場合※音が出ます

 

トレーニングをする際、自分の発声が上記のようになっていないか録音などで確認をしましょう。

男性ならD4、女性はG4まで

アクビの喉をキープするMaトレーニングは男性ならD4、女性ならG4の高さまで発声できればOKです。

これ以上の音をチェストボイスで発声しようとすると「張り上げ」が癖づいてしまいます。

「歌を表現する」の観点から考えると張り上げは悪いモノではありません。が、声を鍛えていく、声を整えていくボイストレーニングにおいて張り上げは悪者です。

張り上げ癖をつけないためにも男性はD4、女性はG4までに留めてトレーニングをしましょう。これは今回のトレーニングに限らずチェストボイストレーニング全般に言えることです。

3トーンスケールがおすすめ

Maトレーニングをする際は3トーンスケールがおすすめです。

もちろん3トーンスケールを弾けない方や喉を広げた発声に慣れていない方は単音でトレーニングをしていただいても構いません。

あなたがやりやすいスケールを活用してトレーニングをしてみましょう!

喉を広げるはボイトレの初歩

今回はチェストボイストレーニング第4弾としてMaトレーニングを解説してきました。ボイストレーニングにおいて喉を広げた発声は初歩中の初歩です。それだけ大切な要素です。

なのでしっかりとトレーニングを積んでいき、喉を開く発声をマスターしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です