鍛えたチェストボイスを歌に応用する方法

こんにちは、稲富翔です。

今回は鍛えたチェストボイスを歌に応用する方法をご紹介していきます。

これはチェストボイスだけでなくミックスやヘッド、リズム、表現など全ての基礎要素に言えることですが「ボイトレではできるけど歌では上手くいかない!」となるケースが多いです。

これまでレッスンをしてきた生徒さんの多くも発声では上手くいくのに歌では上手くいかず「あー」やら「うー」やら唸り声をよくあげていました。僕も生徒の時はよくあげていました。

鍛えた基礎要素を歌に応用する秘訣はないのですが応用する方法は存在します。一緒にこのブログで学んでいきましょう。

鍛えたチェストボイスを歌に応用する3ステップ

この5つのステップを順序よく進めていくことで鍛えたチェストを歌に応用することができるようになります。

  1. 発声しやすい言葉でアカペラ
  2. 通常の歌詞でアカペラ
  3. カラオケ音源で歌う

それぞれ詳しく解説していきます。

①発声しやすい言葉でアカペラ

まず1ステップ目は「発声しやすい言葉でアカペラ」です。ただのアカペラではなく発声しやすい言葉でアカペラです。

いきなりカラオケ屋に行って3時間ドリンクバー飲み放題パックを注文してデンモクを使いカラオケ音源を入れてはいけない。ということです。まずは音源を使わず、ゆっくりとしたテンポで歌いましょう。

あなたが発声しやすい言葉で構いませんがオススメは「Mum」「Gu」「Naa」です。「マン」「グ」「ナァ」

あ行の言葉を使うとチェストボイスの発声を助けてくれる役割があるので「Gu」が難しい場合は「Ga」でも構いません。

チェストボイスの発声を維持しつつメロディーに慣れる

ステップ①の目的は「チェストボイスの発声を維持しつつメロディーに慣れる」です。なので通常の歌詞ではなくチェストボイスを発声しやすい言葉を使って歌ってもらいます。

「低い音なら上手く発声できるけど高い音になると急にチェストが抜けてしまう」

「音が上がれば上がるほど無理やり力一杯発声をしてしまう」

などの状態にならないためにも癖のない「Mum(マン)」を中心にアカペラで歌いましょう。

また、「チェストボイスの力強さがなかなか出せない…」となった場合は「Naa(ナァ)」を使ってみるのもオススメです。

②通常の歌詞でアカペラ

さて次のステップは通常の歌詞でアカペラをしましょう!前回はメロディーに慣れるステップでしたが今度は歌詞に慣れる段階です。

母音や子音によって発声のしやすさは異なります。例えば「あ」「え」「お」の母音はチェストボイスが発声しやすく「い」「う」の母音はヘッドボイスの発声がやりやすいです。

母音が変わることで口の中の空間(舌の位置)が代わり発声のしやすさが変わります。(非線形ソースフィルタ理論)

そのため、ゆっくりとしたテンポは維持したまま通常通りの歌詞で歌ってみることで

「あれ?サビになると歌いにくくなる」

「このフレーズだけどうしても上手くいかない」

と障害が起きてしまいます。上手くいかないフレーズの言葉に注目して色々と実験をしてみてください。

反復練習をして通常の歌詞でもしっかりチェストボイスの力強さを出せるようになりましょう!

③カラオケ音源で歌う

前々回はメロディー、前回は歌詞、今回のステップはリズムに慣れる段階、3つ目のステップはカラオケの音源を使って歌ってもらいます。

このステップからリズムは固定されます。これまではあなたが自由にリズムを決めることができましたが、リズムの主は音源になります。

「リズムが固定される」という制限がある中で

  • チェストボイスの発声
  • 各メロディーの対処
  • 各歌詞の対処

をやらないといけません。非常に時間がかかる作業ですが、ぜひ頑張ってチャレンジしてくださいね!

ボイトレや歌が上手くいかない人

ボイトレが上手くいかない、歌がなかなか上手くならない人はこのステップを一番最初に持ってきがちです。

いきなり「メロディー」「歌詞」「リズム」を一片にやってしまうから失敗した時に何が原因なのか判断することができません。

一方、順序よくスモールステップを踏むことでボイストレーニングを効率よく進めていくことができるようになります。細かくステップ訳をして一つ一つのステップを丁寧にこなしていってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です