低い裏声を綺麗に出すテクニック

 

こんにちは、稲富翔です。LINE@の方で「高い裏声は出せるのですが、低い裏声が出せません」と質問をもらいました。

LINE@の質問者さんのように高い裏声は出せるんだけど、低い裏声が出せずに悩んでいる人は多くいると思うので、このブログでは低い裏声を出す感覚をお伝えしていきます。

基本的に文章でお伝えしていくので、実演はYouTubeの動画をご覧ください。

YouTubeはこちら

低い裏声は「下」から出してはいけない

高い音を出す時は出る場所を高く、そして遠くをイメージして発声をすることで出すことはできます。

一方低い声、裏声も地声も同じく低い声を出す時に下から声を出すイメージを持ってしまうと綺麗に発声する事はできず濁ったような声になってしまいます。

高い声を出す時は高いところをイメージし、低い音を出す時は低いところから出すイメージをする。この考え方がある事で低い裏声を発声することができなくなってしまいます。

意識を上に固定しよう

低いところから出すと綺麗に発声ができないのであれば『出す場所を上に固定』して発声をしてみましょう。

声を出す出口を上に固定したまま、音程だけを下げていくことで綺麗に低い裏声を出すことができます。

この感覚を掴むのに時間はかかるかもしれませんが、一度コツが掴めると「ああ、こんな感じで声を出せば低い裏声を出すことができるのね」と思えます。

文章だけだとなかなかイメージがつかないと思うので、ぜひYouTubeの動画から実践をご覧ください。動画はこのブログの上部に乗っけてあります。

このテクニックは歌でも使えます

今回は低い裏声を発声する際のテクニックとして「意識を上に固定する」方法をご紹介しましたが、この方法は歌でも活用することができます。

サビなどの高音が連発する場所は問題ありませんが、低い音が多いAメロをただ普通に歌ってしまうと、低い音がボヤけてしまい何て言っているか聞き取れません。

特にボイトレに通い始めて発声練習をしっかりやっている人ほどこの現象が起きてしまいます。

「なんか自分の歌、特にAメロの低いところがボヤけて聞こえるな」と思うのであれば意識を上に固定してライトに声を出してみてください。

すると不思議にボヤけていた声がクリアに聞こえるようになります。またマイク乗りもよくなるのでカラオケの点数アップにも繋がります。

発声はもちろん歌唱のテクニックとして覚えておくといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です