練習しても歌が上達しないときにすべき3つのこと【脱スランプ】

 

こんにちは、稲富翔です。今回は「練習をしても歌が上達しない」際の3つの対処方法をご紹介していきます。いわゆるスランプの対処方法ですね。

僕は高校1年生から音楽の専門学校に入学し、僕自身も僕の周りでもスランプに落ち入っている人をたくさんみてきました。その度に先輩や先生からアドバイスをもらったり自力でスランプから脱却をしてきました。

僕の主観100%ですが、参考になることは多いと思います。

YouTube版はこちら

脱スランプ法3選

今回ご紹介する脱スランプ法は以下の3つです。

  1. とにかく耐え忍ぶ
  2. 昔の音源を聞き返す
  3. 音楽から離れる

それぞれ詳しく解説をします。あなたにあった方法をぜひ試してみてください。また全てを試してみるのも効果的です。

対処①とにかく耐え忍ぶ

一つ目の対処方法は「忍耐」です。

どれだけ練習をしても、どれだけステージに上がっても成長しない自分自身を抑えつつ、今日もスタジオに篭り練習をする。そんな忍耐強さがあればスランプは必ず脱出できます。

おそらくミュージシャンのほぼ全てはこの方法を取っています。

本来、成長とはかけた時間や労力によって右肩上がりになるものではなく、水平線に続いていたものがある日を界にグンッ!と跳ね上がることを言います。

スランプに落ち入っている人は成長途中の水平線の長さに圧倒され、「もしかすると私はもう成長しないんじゃないか…」と不安になっている人です。

そこで脱落する人が多い中あなただけ忍耐強く日々やるべきトレーニングをコツコツとこなしていくとある日突然、びっくりするほど成長する日がきます。

これはミュージシャンや歌手だけでなく、芸術家、映画監督、社長などの多くの成功者は皆この法則を知っています。理論か直感かはありますが、皆この事実を知っています。

だからこそ結果ではなく過程を楽しむ。「プロセスを楽しもう」という成功者の方は多数います。

なかなか成長しない時間を過ごすのは辛いものです。でもそこを超えた先には沢山の報酬を得ることができます。やるべきことをコツコツと忍耐強く続けていきましょう。

対処②昔の音源を聞き返す

忍耐強く辛抱する際に役立つのが「昔の音源」です。人が行動をやめる時の1番大きな理由は成長を感じられないから。

どれだけ練習をしても前に進んでいる感覚がない。成長している実感がない。多くの方が努力をやめるのは成長を感じられないから。

ですが下記の画像をみてください。

引用元➡︎https://wirecraft.jp/?p=758

成果や成長を感じられなくとも前には歩めています。そしてあと一歩のところで無数のダイヤモンドを発掘できていたのに…。このように途中で夢を諦める人の多いこと。

そこで成長を感じるためのツールとして「昔の音源」を聞き返してみましょう。あなたが初めてステージに上がった時の映像。YouTubeに初めて投稿した歌。友達と初めてカラオケにいった時の音源。

どんなものでもいいです。今現在から一番昔の音源を引っ張り出してみてください。

「昔の歌に比べたら、かなり成長できているな〜」

「私こんな歌でも堂々とステージに立っていたんだ…」

と色々な発見があり、昔に比べたらかなり成長できていると成長を実感することができます。

僕もこの方法で昔の自分にかなり励ました。「こんなに下手くそなのに楽しそうに歌っているな」と昔持っていた純粋な心を取り戻すためにYouTubeに2016年に投稿した映像を見返す時があります。

昔の音源を聞き返すことで成長を実感するだけでなく、昔の自分からエールをもらうことができます。

おすすめの方法です。

対処③音楽から離れる

最後の脱スランプ法は「あえて音楽から離れる」です。意外かもしれませんが音楽の専門学校で先生たちのアドバイスはほとんとが『音楽から離れて遊んでみたら』でした。

音楽のことばかり考えることは一見良いことのように聞こえますが、言い換えると「視野が狭くなっている」「独りよがりになっている」とも言えます。

そこであえて音楽から離れてみる。最初は1日からでいいと思います。まる1日音楽を聞かない。楽器を触らない。歌を歌わない。

友達と遊びにいってもいいし、本を読みふける。アマゾンプライムでアニメを一気見する。なんでもいいです。とにかく音楽から離れてみてください。

1日を過ごした後に「音楽に触れたい」と思たら音楽に戻ってください。そう思わなければ音楽から離れる日々を継続してください。

僕は半年ほど音楽から離れたことがあります。が、それをきっかけに柔らかく歌う表現を身に付けることができました。

しばしば音楽は恋愛と似ていると言われます。恋愛を長く続けるコツは近すぎず遠すぎず程よい距離を保つことが大事と恋愛記事に書かれていました。

スランプで悩んでいるのなら今一度音楽から離れてみてはどうですか?離れてみて「音楽をやりたい!」と心から思ったのなら戻ればいいでしょう。

辛いスランプとの上手な向き合い方

スランプは辛いことです。どれだけスタジオに篭っても歌が上達しない、どれだけピアノの前に座ってもメロディーが思い浮かばない。

そんな状態でも、「継続」をやめない限りいつか必ず成長する日はきます。継続を続けるために一度離れてみるのも効果的です。

あなたの音楽人生にこの記事が役立ったのであればそれは幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です