ミックスボイスの第一歩!3ステップで声区融合を完成させよう!

 

こんにちは、稲富翔です。あなたはミックスボイスを習得して憧れのあの歌手のようなハイトーンボイスを出せるようになりたいと思っているでしょうか?

ミックスボイスを出したいと思っていても

  • 「そもそも出し方が分からない…」
  • 「どんな練習から始めればいいか分からない…」
  • 「YouTubeとかブログとかいろいろ見たけど頭が混乱してきた…」

と落ち込んではいないでしょうか。

そんなミックスボイスを習得したいあなたに、まずは声区融合(せいくゆうごう)の練習から始めましょう。とアドバイスをします。

この記事では動画とテキストを使って声区融合を習得するステップを細かく解説していきます。声区融合はミックスボイス習得の第一歩目です。コツコツ努力をして声区融合を習得していきましょう!

そもそも声区融合って何?

声区融合のレクチャーに入る前に、そもそも声区融合とは何なのか、ミックスボイスとは何なのか。を明確に理解する必要があります。

はじめに

このビデオはモチベーションアップのためにご用意したものなので飛ばしてもらってOKです。

ミックスボイスと声区融合って何?

YouTube版はこちら

あなたはミックスボイスに対してどのようなイメージを持っていますか?

  • ミックスボイス=高い声?
  • ミックスボイス=力強い声?
  • ミックスボイス=プロの歌手だけが出せる声?

実はどれも不正解です。ミックスボイスとは声区(せいく)です

声区のイメージを伝える時、番地の話をよくします。

あなたの住んでいる町内で「ここからここまでが1丁目」「ここからここまでが2丁目」と決められていると思います。

声区も同じようなもので、ここからここまでが地声(チェストボイス)ここからここまでがミックスボイス(ミドルボイス)ここからここまでが裏声(ヘッドボイス)と区分されています。

ミックスボイスは声区です

ミックスボイスとは声区です。

プロ歌手のような特別なスキルがない人でも練習をすれば出せるようになります。

また声の区分なため高いミックスもあれば低いミックスもあります。力強いミックスもあれば弱弱しいミックスもあります。

また上の画像を見てもらうと分かるのですが、地声(チェスト)と裏声(ヘッド)の中間にミックスボイスは位置しています。ミックスボイスの役割は地声と裏声では出しにくい音域を担ってくれるものです。

なので多くの方は地声と裏声を混ぜたような声=ミックスボイス。なんて呼び方をしています。

本来の意味で言うとミドルボイスの方が僕は正しいんじゃないかなと考えています。

声区融合ができるとミックスボイスは出せる

また声区融合というのは、声区を一本につなげるものです。

簡単に言うと地声と裏声を綺麗に繋げて発声することです。地声と裏声を綺麗に繋げて発声するためには間でミックスボイスを経由しなければいけません。

なので声区融合ができる=ミックスボイスが出せるようになる。になります。

簡単にいっていますが、声区融合を0からできるようになるのには時間がかかります。非常に難しいモノではありますが、僕と一緒に少しずつできるようになっていきましょう!

ミックスボイスを習得することで得られる3つのメリット

YouTube版はこちら

声区融合ができるようになるとミックスボイスが出せるようになり、3つのメリットを受け取ることができます。

  1. 歌が歌いやすくなる
  2. ハイトーンが出せる
  3. 歌うのがめっちゃ楽しくなる

それぞれ簡単に解説します。

歌が歌いやすくなる

これまで地声しか出せなかった人がミックスボイスを習得できると歌が歌いやすくなります。なぜ歌いやすくなるのかを全部書くのは難しいのですが、簡単に解説すると

  • 扱える声質が1つ増える
  • 地声が柔らかくなる
  • 高音で無理して張り上げなくてよくなる

声区は単体だけじゃなく全体にも作用することができます。例えばミックスボイスを出せるようになると地声に柔軟性が出てきます。地声を鍛えていくとミックスボイスに張りが生まれます。

そのため歌える曲の幅が増えるだけじゃなく、今まで歌えていた曲も「なんか楽に歌える」状態になります。

ハイトーンが出せる

これはシンプルなメリットですね。ミックスボイスを出せるようになると地声では出せなかった音域で力強い声が出せるようになります。

もちろんいきなり最初からプロシンガーのようなハイトーンを出すことは不可能ですが、コツコツと練習を続けていくと、いつか出せる日は必ず来ます。

歌うのがめっちゃ楽しくなる

上記の2つのメリットを受け取ることで歌うのがめっちゃ楽しくなります。マジです。僕は音楽を本格的に始めてから約8年(執筆段階では)が経ちますが今が一番歌っていて楽しいです(笑)

これら3つのメリットを受け取るためにもまずは声区融合からできるようになりましょう!

3ステップで声区融合を完成させよう!

声区融合ができるようになるためにも手順があります。今回は3つのステップからあなたに声区融合の習得を目指してもらいます。

歌は感覚です。感覚を掴めれば一瞬で人は上手くなります。言い換えると感覚を掴めなければ何時まで経っても上達しないと言うことです。

感覚を掴む作業は自転車に乗るようなものです。自転車に乗れない子供が何度も転びそうになりながらも乗り続けることで、いつしか何も意識しなくとも乗りこなせれる。

最初はうまくいかないでしょう。練習が嫌になる日もきます。ですがずっと続けていくと「あれ?できるようになった」と思う日は必ず来ます。3ステップから声区融合を習得する方法を学んでください!

3ステップの全体像

YouTube版はこちら

では早速、声区融合の実践に入っていきます!ここでは3つのステップを通じてあなたに声区融合を習得してもらいます!

  1. 共鳴移動を意識しよう
  2. 地声と裏声を切り替えよう
  3. 地声と裏声を一本に繋げよう※声区融合

それぞれ詳しく解説していきます!

①共鳴移動をしよう

YouTube版はこちら

まず最初にやってもらいたいことは共鳴移動です。共鳴とは声が響いている場所を指し、その場所を移動させる訓練になります。

地声から裏声に繋げるとき、声の響きを上手に移動させる必要があります。

まずは地声だけを使って共鳴を移動する訓練をしてみましょう!

  1. 胸の前に大きな空間をイメージし、そこで音を鳴らす
  2. 頭の前に小さな空間をイメージし、そこだけで音を鳴らす※胸の空間をカットするイメージ
  3. 少し音を変えて、胸と頭と響きを移動させる

文字だけでは中々伝わりにくいので是非動画を見て参考にしてください!

②地声と裏声を切り替えよう

YouTube版はこちら

共鳴移動ができるようにステップ②では地声と裏声を切り替えて発声していきましょう!地声と裏声の間でミックスボイスを経由させることで声区融合ができます。

なので声区融合をする前に地声と裏声を交互に出すことができるかチャレンジしてみましょう。

この時、地声と裏声を繋げる必要はありません。しっかりとそれぞれ独立した状態で発声をしましょう!

裏声が出しにくい方はMaやHoといった言葉を使うと出しやすいですよ!

③地声と裏声を一本に繋げよう※声区融合

YouTube版はこちら

ステップ①で共鳴移動を学び、ステップ②で地声と裏声を交互に出したあなたが次に行うステップは声区融合の実践です。

言葉によって声区融合のやりやすいさは変わります。

  • リップロールorタングトリルorカクテルストロー
  • Ma、またはMumの発音
  • 各母音での実践

下に行くにつれて難易度は上がります。まずはリップロールから是非チャレンジをしてみてください。慣れてきたらMaやMumといった発音で(唇を一度閉じるためリップロールと似た効果が期待できます。)

リップロールやMaなどでできるようになったら各母音で声区融合をやってみましょう!

3ステップのまとめ

YouTube版はこちら

声区融合を習得するためのステップは

  1. 共鳴移動を意識しよう
  2. 地声と裏声を切り替えよう
  3. 地声と裏声を一本に繋げよう※声区融合

になります。感覚を掴むまで時間はかかるでしょうが、毎日5分でもコツコツ継続していけばできる日は必ずきます。ぜひ続けてみてくださいね。

うまく声区融合ができない方へ

声区融合の追加アドバイス

YouTube版はこちら

3つのステップをやってみたけど中々上手くいかない方に向けた追加のアドバイスを行っていきます。

声区融合が上手くいかない人にはパターンがあり

  • 息漏れが多い人(声帯閉鎖が弱い人)
  • 地声のまま張り上げている人
  • 最初の地声が軽すぎる人

それぞれ対処方法が変わります。あなたに合ったパターンの対処方法を理解しましょう!

息漏れが多い人(声帯閉鎖が弱い人)

ミックスボイスというのは声の性質は裏声ですが声帯の状態は地声です。

専門的に言うとモーダルレジスタという状態です。地声とミックスボイスは声帯の状態がしっかりと閉じて発声をする必要があります。(歌唱法の話ではなく、あくまでボイトレの話です。)

ただ発声時に息が多い方は、声帯の閉鎖がしっかりとできていません。

厳密には違うのですが、感覚として地声を出しているんだけど声帯が閉鎖されておらず裏声のような状態になっています。専門的にいうとファルセットレジスタの状態ですね。

地声⇒ミックスボイス⇒裏声

と声区融合では移動するのですが、声帯閉鎖が弱い、息が多い人の場合

裏声⇒裏声⇒裏声

のような状態になっています。なので声帯をしっかりと閉じる必要があります。

そこでおすすめなエクササイズがボーカルフライになります。やり方が分からない方は動画を参考にしてください。

ボーカルフライで声帯を閉じる感覚を掴んだ後、そこ感覚を維持したまま(ここが非常に大切です。ボーカルフライの状態ではなくあくまで感覚のみ)声区融合をやってみてください。

地声のまま張り上げている人

声区融合をするさい、音が高くなるにつれて少しずつミックスボイスに経由する必要があります。地声のまま頑張って高い声を出している人は少しずつ経由をすることができません。

色でイメージすると分かり易いと思います。地声が黒色、ミックスボイスが灰色、裏声が白色とイメージしてください。声区融合を上手にできている時はこのようなグラデーションが出来上がります。

一方、地声だけで黒色だけで頑張って張り上げて、途中で声がひっくり返る(フリップ)してしまう人はこのような状態になります

地声で頑張って張り上げてしまう方は地声だけで声のボリュームを調節してみてください。共鳴移動ほどオーバーにする必要はありませんが、音が高くなるにつれて声量を小さくしてみてください。それもゆっくりと。

これに慣れてきたらグラデーションをイメージして声区融合をやってみてください。

あなたがやるべきことは地声のまま頑張って出すのではなく、途中でミックスボイスに経由させることです。地声のまま頑張って出し続けると必ず頭打ちがきます。早い段階で改善しましょうね。

最初の地声が軽すぎる人

このパターンは息漏れと同じ状態です。一見できてるように思えますが、声の性質が

地声⇒ミックスボイス⇒裏声。ではなく

裏声⇒裏声⇒裏声。になっています。

なので対処方法はボーカルフライがおすすめです。ボーカルフライで声帯閉鎖の感覚を理解しましょう。そして声区融合をやるさいは「スタートの地声」を意識しましょう。

地声からスタートしてミックスボイス、裏声に切り替える意識を持ってやるとできるようになっていきます!

そもそも声区融合は難しいものです

YouTube版はこちら

3ステップを実践して、追加のアドバイスも試してみた。「それでも全然声区融合ができない!!」と思う人は結構多いでしょう。

それもそのはずです。声区融合はそもそも難しいモノです。歌や声は感覚です。感覚を掴めれるようになるまで時間がかかります。

イメージとしたら真っ暗な部屋の中で1円玉を手探りで探すようなものです。

最初のうちは「え、本当にここに1円玉があるの?」「この方法だと一生できないかもしれない…。」と思うでしょう。ですが毎日続けていくと「あれ?1円玉っぽい感覚が手に合った」と感覚を掴む瞬間が訪れます。

1つ1つ丁寧にこなしてください。そして継続をしてください。

その積み重ねが声区融合習得に繋がります。

ミックスボイス習得までの道のり

YouTube版はこちら

声区融合はミックスボイスを出す感覚を掴む第一歩目です。

感覚が掴めたら、次はミックスボイスの赤ちゃんを作ります。弱弱しく低いミックスボイスを出してみましょう。その赤ちゃんを次は育てていきます。育てるエクササイズもたくさんの種類があるため、あなたに合った方法を探してみましょう。

千里の道も一歩から。ミックスボイスの道も声区融合から。

一つ一つ丁寧にこなしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です